予備校は大学受験に必要か?

センターまで残り3か月

 センターまで残り3か月となりましたが、受験生の皆さんは調子はいかがでしょうか。
あるいは、保護者の方々も気をもんでいることと思います。
さて、残り時間が少なくなってくるとついつい焦りからか自分がやってきた(あるいは今やっている)勉強方法について不安を感じ、別の教材に手を出してしまいがちです。
また、周りの友達が通っているから、と塾や予備校に駆け込みがちなようです。
僕自身がまさしくその通りだったので、その気持ちは痛いほど分かります。
 タイトルでも述べた通り、予備校は大学受験に必要か否かということですが、僕は必ずしも必要であると言えないように思います。
僕も2年生の頃友達に誘われて1年間ほど通っていました。
といっても教室で録画されたものを衛星配信しているものを見るという形でした。
とはいえ、授業自体は流石プロの講師が行うものということだけあって、分かりやすいものでした。
最初の頃はほぼ毎日、足しげく通っていました。
ところが、放課後にわざわざ時間を割いて通うのが段々おっくうになってきました。
通うスペースが落ちてくると管理人さんからも嫌味を言われます。
それが嫌で尚更通わなくなり……という悪循環に陥ってしまいました。
結局、3年に上がる前になり、辞めてしまいました。

センターまで残り3か月予備校は学校の授業より質が良い受験生本人が自制心を持って勉強に取り組むこと